スター・ウォーズ-ファルコン号

大統領を動かしたスターウォーズ

約40年前、”スターウォーズ”という一つの文化とも言える作品が登場した。

スターウォーズは1977年に爆発的にヒットし、続編、前編だけでなく、

書籍、コミック、ビデオゲーム、テレビシリーズやラジオ番組など、世界中の人に愛されるポップカルチャーを築き上げた。

スペース・ファンタジーの要素は、宇宙技術にまで影響を与えた。

 

1983年、ロナルド・レーガン大統領は、他国からの核、ミサイル攻撃から米国をまもるため、地上と宇宙双方へレーザー、粒子ビーム、ミサイル装置を設置する戦略防衛構想を企てた。批評家たちは”スターウォーズ”のものまねかとあざ笑った。

この計画は、最終的に中断されたが、開発は順調に進んでいたそう。

中断となった理由として、弾道弾迎撃ミサイル条約に違反したことがあげられる。
総額 $ 30億投資したロナルド・レーガン大統領の”スターウォーズ計画”が、これまで使用されることはなかった。

 

 

大統領にまで夢を見させたスターウォーズ。

月

 

”これは月ではない、スペース・ステーションだ”